センターの開館日
コンテンツ
管理者用
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トップ  >  特定非営利活動法人 未知(グループ未知バザー2015・2015年11月8日更新)

グループ未知バザー2015

グループ未知は、精神的ハンディキャップを持つ人たちが社会復帰を目指し、よりよい仲間作りをしていくことを目的として活動している団体です。2007年から障害福祉サービス事業所を運営しています。普段の活動は、事業所内での部品の組立や、農業実習、手芸小物などの作成、それらの販売体験を行っています。

 今回は山形市鳥居ケ丘の事務所で行われた、グループ未知バザー2015の様子をお伝えします。事務所の前に着くと、玉こんにゃくや豚汁などの模擬店や、グループ未知の畑で収穫した野菜が並び、すでに多くの人でにぎわっていました。

     

 このバザーは今年で7回目になり、昨年から新しい試みとして、自分たちで栽培した無農薬野菜を使った漬物を販売しています。そして今年は、音楽好きのメンバーがバンドを結成し、実際に演奏を行うようです。

事業所内の販売コーナーでは、メンバーの阿部さんが手作りのポストカードを販売していました。ひとつひとつ色ペンで絵が描かれていて、その細かい絵柄に手に取った人も驚いていました。この絵について「ひとつひとつ手作りなので、集中力が必要です。製作には何日も掛けずに、一日で描ききるようにしています。また、今回はポストカードでしたが、もっと大きなキャンバス画に描くときもあります」、とのことで、今後は11月に山形で行われるアートフェスティバルにも出展予定のようです。