山形市市民活動支援センター主催

「市民活動支援センタースタッフに聞いてみよう 印刷・作業コーナーの達人になろう」を開催しました!

 平成28年6月8日(水)日中と10日(金)夜に、当センターの印刷・作業コーナーで「市民活動支援センタースタッフに聞いてみよう 印刷・作業コーナーの達人になろう」を開催しました。

 参加者は両日合わせて4名で、各回ともオリエンテーションの後、輪転機(2色・単色刷りともに)・白黒レーザープリンタ「Prioa」・紙折機・大型プロッターの順に、実演しながら使い方を説明しました。

 普段から印刷コーナーを利用いただいている団体からの参加でしたが、「プリオアと輪転機の両方が、紙原稿からでもデータ原稿からでも印刷できるとは知らなかった。」、「パソコンからしか印刷できないと思っていたので、この方法を覚えて次回から活かしていきたい」との感想が聞かれました。

 また、紙折機はずっと手で折っていた方が多かったため、折る紙のサイズや6種類の折り方に応じて、折り目の調節や紙送りローラーの位置調整の仕方を実演しました。

 大型プロッターは、主に長尺ファクトリー(専用ソフト)の使い方を説明しました。任意で印刷する用紙の長さを調節する方法や、横断幕、垂れ幕の場合の設定、A1からA2の変更方法について、イラストの挿入についてなど実演しました。

 今回の講座をきっかけに、今後も設置機器を活用して頂き、各団体の広報力アップに少しでも役立ててもらえればと思います。