法人化するか否かの判断は、メリットとデメリットを比較し、その団体にとって法人格が必要かどうかを検討した上で行ってください。
自分の団体は、契約行為をしないからメリットは無いと単純に判断するのではなく、法人化により継続的な活動が可能となり、社会からの信頼を得ることができるという面でのメリットも判断基準としてください。
活動が継続され、発展してこそ目的が達成される団体も多いと思われますし、法人化により活動内容の幅も広がり、様々な支援や行政等との協働への可能性も出てきます。
社会的な課題を解決をしようとする場合、志だけでは十分とは言えず、志を形にし、実現するための仕組みや資金が必要であり、法人化はそれを実現するための手段です。
しかし、法人にはそれ相応の義務と負担が伴うものです。本来、NPOに対する評価は法人格のあるなしではなく、活動の内容により判断すべきであり、その評価は市民が行うものです。
法人格の取得については、当面は任意団体のままでいて、必要になった時点で取得するという選択肢もあり、総合的に検討を行い、団体自身が判断してください。

【メリット(市内法人の感想)】
・組織や活動について信用を得ることができた
・契約の主体となることができた
・活動が活発になった
・行政から補助金・助成金を受けることができた
・適正な会計処理ができるようになった  など

【デメリット(市内法人の感想)】
・書類作成等、事務処理が煩雑になった
・各種税金の支払いが発生した