■2019年8月
市民活動紹介ウェブ動画
「水辺の生き物みつけてみっべ ~夏の自然観察会~」の様子(約1分30秒)

2019年7月13日(土)に開催した、SAVE JAPAN プロジェクト 2018-2019「水辺の生き物みつけてみっべ ~夏の自然観察会~」の様子をスライドショーでご紹介します。

SAVE JAPANプロジェクトとは、損害保険ジャパン日本興亜株式会社と日本NPOセンター、そして地域のNPOが、市民と協働で環境保全活動を実施することで「いきものが住みやすい環境づくり」を行う活動です。全国各地で市民参加型の体験イベントを開催します。

山形県では、遊学の森案内人会と山形市市民活動支援センターが協働で、県民の皆様に野生動植物の生態系への理解を深めて頂くためのプログラムを企画・実施します。

今事業年度は、金山町の遊学の森とその近郊で、水辺をはじめとするビオトープ(様々な生き物の生息域)の整備を行い、貴重な動植物を次世代へ引き継ぐ取り組みへと発展させることを目的に、市民参加型のイベントを2回開催しました(6月8日に予定していた「蛍の観察会」は悪天候により中止しました)。

撮影月日:2019年7月13日(土)

撮影場所:遊学の森(山形県金山町)

開催レポート「水辺の生き物みつけてみっべ ~夏の自然観察会~」(リンク)